?プロフェッショナル講師による?「お勧めケースのご紹介と活用事例」
ケース
コーニング・グラス・ワークス(A)
シリーズ

<推薦理由>

企業を取り巻く外部環境から、企業の戦略、組織、そしてリーダーのあり方まで、大きく落とし込みながらダイナミックに考えることのできるケース。

<適切な活用場面/狙い>

環境変化にさらされている企業が、自分たちの考える「閉塞感」「もやもや感」まで含め、戦略と組織の現状を見つめたい場合に最適。

<対象>

トップマネジメント層からミドル層まで可能だが、自社のあり方について考える機会を持つなら、トップ層を対象としたい。業種は問わない。

<バリエーション>

ケース論議から発展し、自社の経営環境、組織、あるべきリーダー像まで論議を掘り下げることで、より実務に立脚した展開が可能。

講師 松浦 恭也
グローバルアーク・コンサルティング株式会社 代表取締役
大阪外国語大学イスパニア語科卒、英国ウォーリック大学経営学修士(MBA)

住友銀行、英国国際教育研究所を経て、プライスウオーターハウスクーパース入社。ロンドン事務所フィナンシャル・アドバイザリー・サービス(FAS)部門にて、日本企業の欧州内および欧州企業のアジア内における戦略投資コンサルティング業務に従事。2000年に株式会社グロービスに転じ、法人部門にて主に大企業の組織・人材開発コンサルティングに従事。2008年7月に独立。グローバルアーク・コンサルティングを設立。人材育成コンサルタント・ビジネスコーチ・研修講師として幅広く活動中。
この研修を依頼することもできます。
Copyright © Contents Works Inc. All rights reserved.