?プロフェッショナル講師による?「お勧めケースのご紹介と活用事例」
ケース
ビットワレット
シリーズ

技術開発と事業モデルの構築に関するケースです.フェリカの前半は技術開発マネジメントに関するもので,特に大企業においていかにイノベーションを実行するのかを考えることができます.フェリカの後半とビットワレットは,大きな事業システムの中でいかに利益を獲得する事業モデルを構築できるか,ということを考えるのに効果的です.両方合わせると,技術開発の成功とその収益化をいかに両立させるのかということを考える題材となります.

講師 青島 矢一
一橋大学 イノベーション研究センター 准教授

一橋大学商学部卒業 、一橋大学大学院商学研究科修士課程修了、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院よりPh.D.(経営学)。近年は、以下のテーマに取り組んでいる。「製品アーキテクチャーと開発分業構造」「技術的不連続に対する企業の対応:CCDデバイスとデジタルスチルカメラの開発過程」「情報技術の開発プロセスに対する影響」「新製品新技術開発におけるシステム的知識の蓄積・伝承」

主な著書として、『競争戦略論 一橋ビジネスレビューブックス』(共著 東洋経済新報社)など。
この研修を依頼することもできます。
Copyright © Contents Works Inc. All rights reserved.