?プロフェッショナル講師による?「お勧めケースのご紹介と活用事例」
ケース
ヒューレット・パッカードの人材(A)
シリーズ

推薦理由:企業が環境変化とともにビジネスの方向性とそれを支える制度の変更に向き合わなければならない時に、価値観と制度の整合性をいかに考え、伝えるかを理解する題材として普遍的な要素をもつ。内容が日本的経営とされる要素が多く含まれており、日本の製造業等での企業変遷にも良く当てはまる。

適切な活用場面:企業が、外部環境に応じて戦略を変更した場合におこる、従業員からの喪失感、新たなビジネスモデルへの抵抗を制度の変更の影響とともに考える場合に有効。

対象:大手製造メーカーなどの事業分野に変遷があったり、これからビジネス戦略の変更を予定している企業の中間管理職以上。制度変更を目的としてしまう間違いを避けるためにも人事部門にも有効な教材

バリエーション:自社の事例をケース後に討議することで、より実践に即した考えを持てる。

講師 横瀬 勉
慶應義塾大学SFC研究所 上席所員
慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。東急電鉄、ノーザンテレコム、日本BT(ブリティッシュテレコム)人事部長、マッケンナジャパン・オフィスディレクター、PDIジャパンコンサルタント、ワイス株式会社 執行役員人事部長を経て現職。研究の傍ら、管理職層、経営層を対象とした企業文化、変革、組織運営に対するコンサルティングおよび研修を多数実施。

この研修を依頼することもできます。
Copyright © Contents Works Inc. All rights reserved.